2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ウルトラの父に対する尊敬の念!?
2006/12/22(Fri)
02.jpg

 明日は「ウルトラマンメビウス」の日だ。
 40周年記念特別作品というだけあって、親子で楽しめるように実によく作ってあると思う。タロウ・レオの登場では、息子だけでなく私まで興奮してしまった。そして、先週の次週予告によると明日の放送では、ついにウルトラの父が地球に現れるみたいだ。
 予告の中で、ある少年の父親がウルトラの父を見て「お父さんが子どもの頃に見たのと一緒だ!」と息子に説明をするシーンがあった。これは、我々世代のウルトラマン・ファンにとっての、ウルトラの父に対する尊敬の念とも言うべき気持ちを、子ども達に対して代弁しているものだろう。「ウルトラの父の登場=なかなか見ることができない、とにかくすごいことだ」といった父親心理を見事に表現している。
 先日はウルトラマンタロウの華やかさ・レオの熱さを息子に見せることができた。明日は私にとっても偉大な存在に位置するウルトラの父をオンタイムで見せることができる。なんか、想像するだけでワクワクする。
この記事のURL | テレビ・ドラマ | CM(0) | ▲ top
ヒーロー・ウルトラマン!!
2006/11/18(Sat)
 
 『ウルトラマン誕生40周年記念』と題された、現在放送中のウルトラマンメビウス、これが親子で楽しめるように実にうまく作られている。番組冒頭で、ウルトラの父・母が登場したり、ゼットン、ベムスター、バードン、ヤプールなどの当時ウルトラ兄弟を苦しめた強豪怪獣が登場したほか、セブンのカプセル怪獣だったミクラスやウィンダムまで競演してきた。それだけでもたまらないのに先日、メビウスの教官としてあのウルトラマンタロウが2週に渡ってメビウス救出に現れた。
 番組開始当初、長男に『メビウスとタロウはどっちが強いの?』と聞かれることがあり、私は『メビウスなんてまだまだ若僧だ、タロウの方が強いに決まっているだろ!』と答えてきたわけだが、それがまさか番組の中で実現してしまうとは・・・、父親心理というものを円谷プロは全てお見通しだったのかもしれない。
 今日の放送後の次週予告を見ていると、今度はウルトラマンレオ、またオオトリゲンとしても復活するらしい。レオの空手殺法が久しぶりに見られるかと思うと、子供だけでなく私まで興奮してしまい、来週が待ち遠しい。ウルトラマンは私たちが子供の頃のスーパーヒーロー、25年経った今も私の気持ちは変わらないみたいだ(笑)。
この記事のURL | テレビ・ドラマ | CM(2) | ▲ top
理想のファミリー・ランキング!
2006/06/14(Wed)
今日のニュースより

ORICON STYLEでは、10~20代の男女を対象に『マンガ、ドラマなどに登場する理想のファミリーランキング』をリサーチした。

544.jpg

1位に輝いたのは、『サザエさんファミリー』
 最近では少なくなってきた“大家族"で生活する姿に好印象を持ったという意見が多数届いた。
2位 『ちびまる子ちゃん』ファミリー
3位 『クレヨンしんちゃん』の野原ファミリー
4位 『ドラえもん』の野比ファミリー
5位 『1リットルの涙』の池内ファミリー

 私の心の師『マスオ兄さん』率いるサザエさん一家が堂々の一位に輝いた。マスオ兄さんからは、タラちゃんやカツオ君への接し方、また、波平との酒づきあいなど、非常に学ぶことが多い。特に子供とのコミュニケーションには役立つ。また、子供と一緒に安心して見ることができる番組という点も良い。
 ただ、心優しいマスオ兄さんの愛妻サザエさんへの接し方だけは、自分勝手な私には真似ができない。おれはノリスケ・タイプだなぁ。マスオ兄さん、あんたは人間が出来すぎているよ。
この記事のURL | テレビ・ドラマ | CM(27) | ▲ top
新・木10『医龍』スタート!!
2006/04/13(Thu)
 フジテレビの新番組・医龍が始まった。
医龍
 今回の木10もまた、病院が舞台。天才外科医・朝田龍太郎(坂口憲二)が、腐敗した大学病院という大きな権力に立ち向かうメディカルドラマ。
 坂口のほか、稲森の出演も嬉しい。また、前回の『小早川伸木の恋』では、伸木の奥さんに怖さを感じたが、今回は北村一輝がすごく怖い。北村氏にも注目したい。あと、木原毅彦氏の変な髪形が妙にウケた。
この記事のURL | テレビ・ドラマ | CM(0) | ▲ top
最終回・小早川伸木の恋!!
2006/03/24(Fri)
ようやく、この重たいドラマも最終回。
さすがは、紫門ふみ原作、息の詰まるような展開。
毎週木曜日は、このドラマをみて重度のストレスを抱えた。本当に疲れた。
でも、重たいドラマが好きなので、実に面白かった。






この記事のURL | テレビ・ドラマ | CM(2) | ▲ top
清原選手の手帳!!
2006/02/28(Tue)
移動中ラジオを聞いていた。
テーマは、手帳に友人の住所や電話番号を書き込むかどうか!
その中で清原選手のエピソードをMCのお姉さんが話していました!
『清原選手が先日イチロー選手から住所と電話番号を教えてもらったとか。でも万が一手帳を落としてしまったら、イチロー選手に迷惑がかかるので、氏名欄には「イチロー」とは書かずに「鈴木君」と書いたらしい!』
えっ?、清原選手が大事な秘密をマスコミに話してしまい、更にマスコミがリスナーにばらしてしまったわけだよね!!まずいんじゃないですか!?
そういう私も便乗して書いてしまいましたが!

この記事のURL | テレビ・ドラマ | CM(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。