2005 10 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2005 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ブロックレスナーを考察する
2006/01/16(Mon)
 新日でのレスナーの試合を全部見てみた。今の新日を支える外国人エース、いや新日のエース・ブロックレスナー。磨き抜かれた肉体、そして精悍な顔、チャンピオンの風格たっぷりだ!また、力強く説得力のある技、そしてレスナーワールドを十分感じさせるウマイ試合運びも実にいい。『チャンピオン=カッコいい』当然ファンをひきつける大切な要素である。
 そんなレスナーの人柄を想像してみたい。
 
 その前に・・・、
 学生プロレスをやっていた私の目から、最近の学プロに対する印象を書いてみたい。現在学プロで重視されていることは、多様化された大技に対応するための、受身が基本となっているということ。受身というものには、怪我をしないため、また相手の技を光らせるため、主にこの二つの目的があり重視するのは当然である。確かに、今の学プロは私たちが現役の頃と比べ、受けの技術は向上しているように見える。しかし、技のかけ手の技術、実はこれがかなり重要なウェイトを占めるのだが、こちらの技術が私たちの頃より低下しているようにさえ見える。派手さと危険さを見せつつも、相手に怪我を負わせることなく投げきる(または落とす)、これが非常に難しい。もちろんバランスのよい身体でなくてはならないし、また試合が見えているという余裕がないと不可能だ。

 この学プロレベルの話をプロの世界に持ち込むのは、かなり強引かつ、おこがましいわけだが、あえてその観点から想像してみたいと思う。
 レスナーの大技、非常に危険でありダイナミックに見える。しかしながら、相手の身体を気遣って技をかけていることがすごく伝わる。終盤フォールにつなげるためのバーディクト、対戦相手を破壊すらできる技へと変貌を遂げることも可能な、恐ろしい要素を持った大技、しかし、レスナーにとって必要最低限の破壊力と説得力で相手レスラーを沈めてきている。そこにレスナーの紳士的な人柄と、キャパの広い性格がうかがえる。
 ドーム後、メインについての猪木のコメントに『レスナーと今の新日では、レベルが違う』とあったが、まさにそのとおりだろう。もっと広い世界で戦うべき人格者レスナーが、いつまで新日で試合をやるかはわからない。新日を早々に去るとしても、それはそれで仕方がないことかもしれない。
スポンサーサイト
この記事のURL | プロレス | CM(4) | ▲ top
コメント
-  -
H.Tさんへ
元学生プロレスラーが、そんなこと書くのはおこがましいのですか(苦笑)、ふとした瞬間、レスナーにすごく好感を持ちました!
2006/01/18 15:15  | URL | K.HIRO #cMs95t22[ 編集] ▲ top
-  -
おはようございます!学生プロレス経験からみてもレスナーってすごいんですね!相手を怪我させる事なく破壊力・説得力を伝える事のできるレスラーが真の1流なんでしょうね。
2006/01/18 10:33  | URL | H.T #-[ 編集] ▲ top
-  -
レスナーVS橋本、武藤、健介、ノートン、全盛期の長州・・・
見てみたかったです!
2006/01/17 17:37  | URL | K.HIRO #cMs95t22[ 編集] ▲ top
-  -
レスナーには今の新日本は狭すぎですよね。
ちょっと前なら人材の宝庫だったのに。
2006/01/16 23:15  | URL | すとん #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。