2005 10 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2005 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
気分が乗ってきた!
2006/01/11(Wed)
 昨日おとといとようやく晴れ間がのぞき、雪の嵩もだいぶ減った。減ったといってもまだ2メートル以上あるが、かなり気分が明るくなった。12月のはじめから、自宅の雪下ろし、会社での雪下ろし、隣近所のお年寄り宅の雪下ろし、消防団としての雪下ろしと、除雪もバラエティーに富みすぎていた(苦笑)。
 気分が乗ってきたので、憎まれ口をたたきます(苦笑)!

 
20060111204238.jpg

 この写真の建造物どうですか?豪雪地帯向きの建物じゃないですよね!屋根の上には3メートル近い積雪があるんです!雪がたまりやすいうえに、雪下ろしがしにくい!近所にある、町の施設なんですけど、聞くところによれば国の機関の方が設計したらしいのです、雪国とは程遠い事務所で!もし、雪下ろしをやれといわれたら、こんな屋根どうやって手をつけていいか、除雪のプロフェッショナル(自称・笑)の私にも、皆目見当がつかない。雪で傷んだ屋根はぼろぼろ、凍み渡り雨漏りもひどいらしい。はっきり言って失敗作だ。この設計士と姉歯氏どっちが悪いと聞かれたら、どっちもどっちだと答えるよ!
 
 国といえば、こんなこともあった。
 正月帰省した、国家公務員の知り合いと酒を飲んだ。
 雪の話を聞かれたので、除雪の話をすると、「そんなの簡単だろ、無理してまでやるなよ、雪の降らない都会からボランティアを呼べばいいじゃない!」とあっさり言われてしまった。横にいた方(そこそこ雪が降るところに住んでいる)が、「俺が手伝いに行ったって足手まといになるんだ、簡単に言うなよ!」と好フォローを入れてくれた。
 さらに、除雪で肩傷めてきついんだなんて話したら、「うちの職場にもいるよ、何かあるとすぐ診断書もってくる奴が・・・」そんなことを言われた!私は「うん、キレてないですよ!でも、もう一押しでキレてしまいますよ!」と思った。『いつ、俺が会社を休むと言った!そんなんで医者になんぞ行っていられるか!そんなんで会社を休めるか、このくそ忙しい時季に!』
 自分が一番苦労していると思っている方に対し、苦労話をするのはやめたほうがよいという教訓になった!
 その後、延々と具にもつかない仕事の苦労話を聞かされた!正直国民にとって毒にも薬にもならない無駄な仕事としか思えない、私の生活を支えてもらっているわけでもないし。なんかこの手のかたい話を聞くのは苦手だ(苦笑)。キレるといけないので、私は酒をセーブして飲んだ(苦笑)。来年彼とは飲まない。いや、二度と飲まないよ!
 国のお偉いさん(?)が、そんな方ばかりだとは思いたくない、ただし一匹見つけたら百匹いると思えという言葉もある(笑)。一人がそうなら、百人がそうかもしれない。もしかして、一体がそういった体質なのかもしれない!考えると暗くなってしまう。
 無駄な仕事を減らし、不要な機関をなくす、そうすればこの国も変わるのだろうなあ。

スポンサーサイト
この記事のURL | ニュース・社会 | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。