2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
サザンオールスターズなしでは・・・
2008/01/18(Fri)
Southern All Stars Stadium Tour 1996
 21歳から24歳くらいまで、コンタクトレンズを使っていたんだけど、ここ8、9年はずっとメガネをかけていた。私の特殊な度数を考えると(元眼鏡・コンタクト店勤務の私が思うに)いろんな意味でコンタクトのほうがよいはずなのだ。最近目の疲れがとてもひどいので、思い切って第二のコンタクト人生を歩むことにした。・・・って、大したことではないけどね。

 ご存知の方も多いと思うけど、ハードコンタクトレンズって、目に入れるとかなり違和感があって、個人差はあるけれどなかなか慣れないものだ。私が過去に見た人の中で、コンタクトを買いに来て、テストレンズを入れている途中に失神した人もいたくらい・・・。
 私が初めてコンタクトを装着したとき、失神こそしなかったものの、痛いし、涙が止まらないし、とても目を開けていられない状態だった。まあ、買ってもこれを付けることは一生ないなと思ったほどだ。

 コンタクトを買って、数か月たった大学4年生の頃の話・・・。
 サザンのツアー 1996「ザ・ガールズ 万座ビーチ」というライブを見に行くことになった。サザンファンの私にとって、それはもう楽しみで、早くその日が来ないか待ち遠しくてたまらない日々を送っていた。そんな中、浮かれすぎていたのか、こともあろうにコンサート2日前に、メガネを踏みつぶしてしまった(苦笑)。確か、ライブは西武球場。メガネなしでライブを楽しめるわけがない。先に書いたとおり、私の度数は1000人に一人の特殊な度である。メガネを注文したところで、出来上がるまで1週間はかかる。
 そのとき私は、ひらめいた。買ったきり、しまったままのコンタクトレンズの存在を!ライブ前の二日間、必死にコンタクトに慣れようと急ピッチで装用練習を試みた。人間やる気になれば、もしくは切羽詰まれば、何でもできるものだと痛感した。そう、私のサザンラブが、コンタクトレンズを克服したのだ(馬鹿笑)。そして無事ライブを楽しむことができたのだった。

 サザンを聴いて、精神的に救われてきたことは多々あるが、この件もまた、サザンのおかげなのである。先週、注文したコンタクトが、今日届いたので明日から付けてみたいと思う。
スポンサーサイト
この記事のURL | 日常生活 | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。