2017 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
西村修は一生、長州力を超えられない
2007/10/23(Tue)
20071019-00000015-spnavi-fight-view-000.jpg

西村=無我と言われた男が、無我ワールドプロレスリングと決別し、全日本プロレスに電撃移籍したらしい。

藤波「西村の中で何か思うところがあるのか、こっちには何も伝わっていない」
武藤「あそこまでの思想を持った逸材は、全日本から見れば非常にありがたい」
西村「藤波さんにはこれから伝える。いろんなうわさで耳に伝わっていると思います。無我という思想を1人で守り続けてきた自負が自分にはある。大いに問題になるのは覚悟の上です」。



 武藤のコメントも西村のコメントも虫のいい話だ。
 今回の件は、新日を退団した時の武藤と手口は似ているかな。武藤には華が合った分、ファンは受け入れやすかったけれど・・・。西村は自身のブログでも長州を相当悪く書いているが、もう長州のことは言えないはずだ。しかも、長州や猪木という偉大なレスラーがスキャンダルを起こすこととは、ファンに与えるイメージが異なる。正直、大物とは言えない西村が、これを機にプロレス界に絶大な好影響をもたらすとは思えない。当時の猪木や長州はもっと大人だった。自分のことよりもファンやプロレス界を重んじていた節がある。しかし西村は自分のことで精一杯といった感じだ。
 新日一筋、まさか退団などありえないと思われた藤波を巻き込み、立派なことを言いながら新団体を設立し、この期に及んでこの有様とは・・・。
 
 西村は、無我でもラマでもない。むしろ、その類のものは一番彼に欠けている部分だろう。彼は、長州、新日、そして無我、いつも人のせいにしてきた。私の見解だが、何もかも人のせいする人間には、自分を極端に大切にしすぎる人間が極めて多いように思う。西村もそのように映ってしまう。
 現在この件に関して、藤波も無我も大人の対応をしている。心やさしい無我・藤波は、西村を許すだろう。西村は藤波を越えることもできない。

スポンサーサイト
この記事のURL | プロレス | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。