2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
えっ、ソリ込み・イラン人が結婚へ!?
2007/02/06(Tue)
 学生プロレスサークルの先輩(現・週プロ記者)が結婚するとのことで、後輩から連絡をもらった。へぇ~、あの人がねぇ・・・結婚、そうよかったね~・・・と思った。それよりも、むしろ後輩の声を聞くことが出来たことが嬉しかった。

 ところで、私の30余年の人生の中で唯一、根に持っていることがある。
 今を遡ること10余年、私にとっての学生プロレス最後の年、大学4年生として母校で最後の引退試合を行う日のことだった。この度結婚されるその先輩は、当日の興行責任者である私と私の相方に断りもなく、OB風を吹かせつつ2試合・合計1時間30分もの長い試合をやってのけた。彼の試合が時間を大幅に押したことで学園祭は時間切れ、興行続行不可能となり、4年間苦楽を共にしてきた相方と私とのメインのシングルマッチが流れてしまった。学生プロレスラーにとって引退試合とは、4年間の集大成、最後の華々しい大舞台である。それを我々は、彼のエゴにより、経験できなかったわけだ。
 あれから、長い年月が過ぎたけれど、あの時の悔しい気持ちというものは、どうしても忘れられない。よく当時の仲間に『あれもいい想い出ですよ!』なんて言われるが、当事者の私としてみれば、所詮気休めの言葉にすぎない。忌々しい記憶以外の何物でもない。どうやっても、埋めることの出来ない空白の時間なのである。

 さてさて、この先輩の披露宴に無理矢理乱入して、予定にないシモネタだらけの余興を延々とやってのけ、会場を寒~くさせたうえで、新郎の挨拶とか、キャンドル・サービスの時間を無くして差し上げたいところだが、私も大人なのでそれはやらないでおこうと思う(笑)。
 ご結婚、おめでとうございます。
 ちなみに、私はゴング派だ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 学生プロレス・昔の話 | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。