2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
再婚した同僚に対する・愚痴&悪口 結婚の秘訣
2007/01/19(Fri)
 
 
 気を悪くされるといけないので、忙しい方はご覧にならないでください。
 ただの、愚痴日記ということで、私のストレス発散なんです(汗)。


 昨年暮、再婚する同僚に結婚式の二次会幹事を頼まれた。それも、二次会なのに余興だの何だの色々やってくれと、注文がやたらと多かった(苦笑)。彼が招待して欲しいという同僚達に、案内状を出したところ、予想以上に風当たりが強かった。その理由は、2回目なのになんで盛大に2次会をやらなければならないのか。なんでたいして仲がよくもないのに行かなきゃいけないんだなどなど、多数の苦情を受けた。
 ・・・解るよ、今となっては、この新郎の人柄を考えるとね。私が思うに、年下の俺と年上のもう一人に幹事を頼まず、やっぱり同級生に任せればよかったのにね。それが出来なかったのだろう。
 でも、なんだかんだで、まあ、おめでたいことだから、精一杯やらせてもらったよ。お家芸の長州ネタで会場を大爆笑させたよ(ちょい自慢!・苦笑)。おらぁ、一生懸命やっただ~。

 先日、仕事上の話で、初めてどうしても一人で抱えきれなくなった深刻なことがあり、彼に相談したところ、ものすごく冷たく無視された。俺には頼むだけ頼んで、それで終わりかい。もう一人、共に幹事をやった先輩は、話を親身に聞いてくれたうえに、最高のアドバイスまでくれ、非常に精神的に救われた。

 あのセコハン新郎、あれはまた離婚するね。彼は、普段から見返りがないことに関しては、非常にドライ、興味を示さない。損得勘定が強く、思いやり・親切心が足りない。また、これはこれ、それはそれと割りきりが良すぎるので、人にストレスを与える。彼は、ご都合主義というか、自分に極力甘く、他人に厳しすぎる。もちろん家庭内においても、当然そうだ。
 お互いを信頼し、尊重しあわなければ、また、相手を尊敬する心を持って万事行動しなければ、そんなもの離婚にも発展もするだろうよ。彼の口から前妻と別れた理由を聞いた時も、彼にとっての都合の良い話しか出てこなかったので、男らしさのかけらも感じ得なかった。
 そりゃ、夫婦間に何があったか詳しくは判らないし、想像もつかないけれどね。でも、仮に別れたとしても、前妻に対する尊敬の念を多少でも持てなければ、今後の進歩はないだろう。
 先日、バラエティー番組で大鶴氏がマルシア氏の悪口を言っていた。大鶴氏のそんな人柄を垣間見て、トレンディー俳優だった男も、昼ドラ俳優に降格もするわなあと納得した。同僚もそれと一緒、俺の中で彼は、昼ドラ俳優、いや、トシちゃんか森脇に成り下がった。
 おれは、彼の3回目の結婚式を祝福しないだろう。


 私も、人のフリ見てわがフリ直せということで、色々省みたい。
 実は、気付かないうちに人ごとじゃなかったりしてね・・・(苦笑)。

PS・あれだけ迷惑かけておきながら、新婚旅行のお土産が、タバコ一箱って、しかも俺が禁煙中なの知っていたはずなのにね。お土産もあげればいいってもんじゃない、貰わないほうがまだマシだったよ。
 
スポンサーサイト
この記事のURL | 日常生活 | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。