2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
国家批判・2007 ~ヌルヌル秋山すらかわいく見える~
2007/01/12(Fri)
一体何を研修してるん???

 組織というものは、一部の行いが全てのように映ってしまう。この話こそ、そうあってほしい。国の役人となった友人、いや、もはや知り合いと呼ぶことにする。去年、彼から聞いた話を書きたい。今日は久々に、私の得意とする国に対する批判記事である。気分を害さない方だけ、続きをご覧ください。


 私の知人いわく、大臣や高級官僚が、視察のため遠方に赴く時、事前準備がとにかく大変なのだそうだ。事前に現地を調査したり、大勢の人間が随行したり・・・時には徹夜までするそうだ。まさか徹夜して時間外手当なんてものは、もらってないよな。一般国民にしてみれば、はっきり言って無駄な仕事だよね。力の入れるところが違うね。そんなことのために徹夜して偉いか?本来の彼の仕事の性格を考えたとき、国民のためにならない仕事は仕事とは呼べないと思う。給料もらってそんな役に立たないことしているの?それが大変な仕事だと聞いたとき、彼と国の体質をさらに疑った。まさか本気じゃあるまいと思ったけれど、彼は本気そのものだった。
 大臣って特別公務員・官僚にいたってはただの一般公務員じゃないの?周りを巻き込むこと事態おかしいと思う。一人でやれと言いたい。大臣なんて、国の金もらっている秘書を雇っているでしょ。多くの役人がそんなことにかまけている時間があるなら、泥にまみれ埃にまみれ、汗水流して働きなさいと言いたい。
 
 ところで、突然ここまで私が批判するのには訳がある。そう、彼からの年賀状が私に火を点けてしまった。彼から届いた年賀状には、少子化で困っているので子供をもっと作れと書いてあった。
 はぁ???はっきり言って、大きなお世話だ。お前のところが子供二人なら、俺のところも子供二人だ。なんか文句あるか。こういった類の奴って、どこまで上から目線になったら気が済むんだろう?しょせんは公僕、認識があまりにも無さ過ぎる。腹立たしい。
 それよりも、なぜ今少子化なのか省みて欲しい。原因は俺でもわかるぞ。根本から考えなければどうこうなるものではない。少子化の原因と打開策については、私が総理大臣のポストに近づいた時に書きたいと思う(大笑)!
 
 あっ、でもシャレで一つぐらい打開策を書いておくか!それは・・・
 「コンドーム廃止と中出しの義務化!」これで子供の数が12%増える!
 ヌルヌル秋山よりも、もっとヌルヌルズボッといこう(馬鹿笑)! 
 だって、昔はゴムなんて無かったでしょ!!ゴムに頼れば、
 大人としての責任感も、決断力も、不足しちゃうんだよ!!
スポンサーサイト
この記事のURL | ニュース・社会 | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。