2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
薩摩黒豚でチャーシュー作り!!
2007/01/03(Wed)
cha4
 年末に酒男に送っていただいたお肉の中にチャーシュー用の黒豚の塊があった。そんなわけで、私は暇な正月を趣味の料理で過ごせるということで、大変ありがたいわけである。今日のお昼にチャーシュー麺を食べるために昨晩から作ってみた!

≪チャーシューの作り方≫


1、肉を亀甲縛りにする・・・ウソ、普通に凧糸で縛る。

2、肉に黒コショウをふりかけ、しばらく酒に浸す。

3、ネギ・鶏がらスープの素・しょうがスライス・おろしにんにく・りんごや白菜やキャベツの芯・にんじんスライス・卵の殻・昆布・ビールなどを煮込んでスープを作る。

4、フライパンにサラダ油・ごま油・牛油を多めに入れ、肉の表面によく焼き色をつけて、うまみを閉じ込める。だいたい15分くらいかける。
cha1

5、焼いた肉(油をふき取る)を3で作ったスープに入れて煮込む。肉がスープの表面から出ないように深めのなべと大目のスープが必要。

6、タレを作る。めんつゆを使用するとよい。うなぎのタレの残りなど入れてもよい。甘さは好みで調節するとよいと思います。甘味をつけるには、みりんのほか蜂蜜がよいと思います。さらに隠し味程度のコチジャン・オイスターソースを入れるとよいかもしれません。あと肉をやわらかくするビールはお勧めです。
cha2

7、5で1時間半ほど煮込んだ肉を今度はタレで40分ほど煮込みます。ここでも肉がタレから出ないように大目のタレを用意してください。また、ゆで卵を一緒に煮込めば味付き卵も同時に出来ます。タレが煮詰まりしょっぱくなりすぎないよう注意が必要です。

8、肉はそのまま一晩タレにつけたまま保存し、翌朝には完成です。

※ 残ったタレやスープは、ラーメンやチャーハンそのほか中華料理に使えますので保存しておきましょう。
cha3

 チャーシューを作るのは数年ぶりだったけど、メチャメチャうまく仕上がった。柔らかいし、ふわふわでトロトロ!私の腕というより、酒男からもらった肉が、スペシャルな肉だったからよかったのだと思う。いい材料で料理するのは楽しい!!
スポンサーサイト
この記事のURL | 料理 | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。