2005 10 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2005 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
九年一昔、持つべきものは悪友(とも)!?
2006/08/27(Sun)

 前の会社の同期だった男からメールがきた。
 閉店する店舗の大掃除をしていたところ、怪しげな紙包みが発見されたらしい。中身は数本のアダルトビデオだという。当時、私が上司に貸したまま戻ってこなかったビデオではないかと、彼はキープしておいてくれたみたいだ。一本のビデオのタイトルを聞き、それが間違いなく私のものであることが確認された。
 かれこれ9年前、私のコレクションの中から厳選作品ばかりを上司に貸したのだが、そのまま上司は遠くへ転勤となった。また、7年前に私は退職し、その後風の便りでその上司も退職したと聞いた。もう二度と手元に返ってこないと思っていたものなので、非常に感慨深い。今思うとこのA・ビデオ達が、我が子のようにさえ思える。
 感激のあまり、この話をかみさんにしてしまった。『そんなもの今更いらないよね。〇〇さん、わざわざ連絡くれなくてもいいのにね。とっておかないで、そのまま捨てちゃえばいいのに。もう、しまうところも(秘密の扉といわれる私専用の戸棚があり、現在飽和状態)ないんでしょ。』とかみさんは言う。
 私も持論で対抗、『わかってないねぇ、CDとか聴くと懐かしいなぁとか、あの頃はこうだったなぁとかって思うでしょ。それと同じだよ、ビデオ観るとあの頃こんなことしていたなぁって、懐かしさとか思い出が込み上げてくるんだよ。』
 力説したが、やはり理解を得られなかった。
スポンサーサイト
この記事のURL | 酒飲み話・エロ話 | CM(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。