2006 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2006 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
長男4歳になる・・・保育園は嫌っ!!
2006/08/10(Thu)
20060810205349.jpg
 最近、毎朝のように保育園に行くことを嫌がる長男、そんな彼も4歳になった。
 誕生日ということで特別に保育園を休ませ、トイザラスへ出かけた。彼は、昨年の誕生日やクリスマスもそうだったが、決まって『消防車』のおもちゃを欲しがる。私が消防団員として消極的な(?)活動をしているにもかかわらず、彼の目には私が消防団のハッピを着て消防車に乗る姿が、『かっこいい』こととして映っているようだ。
 彼の口から『大きくなったら、消防団員になりたい』という言葉が出るようにもなったが、私としては『消防署員さん』になってもらいたい。いやそれ以前に、もう消防車のおもちゃをたくさん持っているので、もっと頭がよくなりそうなおもちゃを欲しがってもらいたいと思う、それは私の都合だな。結局、おもちゃの消防車が4台増え、なぜかパトカーも3台増えた。4歳を迎えた彼が上機嫌なのでよかった。

 冒頭に書いた保育園に行くことを嫌がる・・・、どんなものなんでしょう!?保育園に通うということ自体が、親のエゴなのかもしれない。法に触れるわけでもなければ、義務教育でもない。『保育園に行きなさい』とママさんや私に言われること自体筋違いなのかもしれない。とはいえ私もその昔、保育園に行くのが嫌でも母に無理やり連れて行かれた。私は母とは仲が悪いが、保育園に無理にでも連れて行ってもらったことにはそんなに悪い気はしていない。また、保育園に嫌がる私を何とか連れて行ったこと自体は尊敬すらする。どんな作戦を駆使して私を登園させたのだろう。思い出そうとしても思い出せない。先ほども書いたが、母とは仲が悪く大人気ない私には、今更過去のことを聞くことはできない。
 最近では、長男の気分転換になればと、私が保育園に連れて行くこともある。彼もしぶしぶ観念して保育園に行くのだが、これでいいのかな。保育園に無理して通うことが子どもにとって必要なのか、それとも不要なのか。さらには、心配だと考える必要が無いことなのかな。

スポンサーサイト
この記事のURL | 日常生活 | CM(2) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。