2006 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2006 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
新・無我伝説 藤波参戦表明!!
2006/07/05(Wed)
hujinami.jpg
眠れるドラゴンがついに動いた。6月30日付けで新日本プロレスを退団した藤波辰爾が5日、同じく新日本プロレスを退団した西村修と田中秀和リングアナウンサーが旗揚げする新団体への全面バックアップ、そしてプレ旗揚げ戦として8月2日に後楽園ホールで開催される「新無我伝説 エピローグ~BLACK CAT MEMORIAL」への参戦を正式に表明した。
~スポナビより~




この記事のURL | プロレス | CM(6) | ▲ top
黒のカリスマ・蝶野正洋に第一子誕生
2006/07/05(Wed)
蝶野

~日刊スポーツ~ 
新日本の蝶野正洋(42)に第1子が誕生した。マルティナ夫人(41)が4日午前9時45分、都内の病院で2556グラムの男児を出産した。結婚から15年。1度はあきらめた子どもを授かった。蝶野は出産に立ち合い、リスクの高い高齢出産に臨んだ夫人を励ました。産声が聞こえた瞬間、安堵(あんど)の涙を流す夫人に、蝶野も人目をはばからず、もらい泣きした。

~スポーツ報知~
子どもには、蝶野流の帝王学を伝授する。「六本木デビューは中学生ぐらい。女の見分け方は、物心が付いたらすぐに教える。早く遊び仲間にしたい」と極悪オヤジ宣言した。先月16日に手術を受けた左ひじの経過も順調で、来週から本格的なリハビリを行い、早期復帰を目指す。「リハビリに子どもを抱くよ」新日本とは、保持するIWGPタッグ王座をめぐる対立が表面化。プライベートが充実した蝶野が、リングでどう動くのか、注目される。

コメントも蝶野らしい。
ホントにおめでたいです。なかなか子供ができなくて苦労されたのだろうなぁ、待望の赤ちゃんが生まれ、喜びも格別だと思います。
最近、蝶野と新日の間に不穏な空気が流れているみたいだけど、やっぱり明るい話題がいい。復帰後、新たな蝶野ワールドを見せて欲しい、どんな形でマットに帰ってくるのか楽しみだ。
藤波VS蝶野
そういえば、蝶野の仲人は藤波夫妻だったと記憶しているが、今後に影響はあるのかなぁ!?蝶野には、そんなこと関係ないのかなぁ。

この記事のURL | プロレス | CM(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。