2006 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2006 06
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ノア杉浦“ドラゴン”にメッセージ!!
2006/05/08(Mon)
 ノア第2回「SEM」で、杉浦が“渦中の人”を意識した飛龍原爆固めで若手の伊藤を撃破。日ごろは出さない技をあえてこのタイミングで披露したことについて、杉浦は「ドラゴンが気になるからねえ」と意味深なコメント。「メッセージ?そうだね」と、8日以降に新日本退団か残留かの結論を出す藤波に無言のエールを送っていた。
~スポナビより~
ドラゴン
 今日にも動きがあるかもしれない、藤波取締役の去就問題、幸か不幸か、いつもどおりの結末が予想される。三沢とのシングル戦をぶち上げてから、だいぶ時間が経った。夢のカード実現に向け、残りのレスラー人生を自分のために使いたいといっていたドラゴンが、どんな結論を出すのか。杉浦のこういうエールに対し、藤波もまんざらではないと思う。これも良いきっかけの一つ、ここは男らしく退団してほしい。ネームバリュー、輝かしい経歴、ドラゴンにしかない大物ぶりを発揮し、広い視野でプロレス界の発展に尽力いただくことを期待したい。
 ドラゴンボンバーズ、飛龍革命・・・今も昔も藤波って、はがゆいなぁ。
スポンサーサイト
この記事のURL | プロレス | CM(2) | ▲ top
新日NJC決勝・テレビ観戦記!!
2006/05/08(Mon)
 ホントに今更ですが、NJCの準決勝・決勝の放送分を見ました。
 私の感想は、永田やる男だなぁのひとこと。
002.jpg
 彼の一連の『俺がチャンピオンに君臨していたころは・・・』など勘違い発言は、やはりどうかと思う。
 ただ、チャンピオンとして新日冬の時代を戦ってきた永田に、一流の風格、味わい深さが大幅に増したことは間違いない。準決勝を戦った棚橋とは役者が違いすぎた。また、バーナードと戦う姿は、かつてベーダーやハンセンと戦ってきた一流日本人レスラーの姿とダブってさえ見えた。このトーナメント中、はずした試合はなかったと思う。強いて不満を言えば、サンダーデスキックが何なのか、分からなかったことぐらいだ・笑。

PS・中西のマナバウワーにはウケた。解説者も『あれでいいんです。ジャーマンはすべてマナバウワーなんです』みたいなことを言っていたが、どう見てもやや失敗作のジャーマンだった気がする。でも、バーナード戦も面白かったので良しとしたい!
この記事のURL | プロレス | CM(2) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。