2006 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2006 05
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
小沢一郎・日本改造計画!!
2006/04/05(Wed)
 小沢一郎・再び!!
小沢一郎
 私が、大学生の頃読んだ小沢一郎著『日本改造計画』という本の中で、バブル崩壊後の日本の再生ビジョンについて書かれていた。
 1、政治のリーダーシップの確立
 2、地方分権・地方の尊重
 3、規制の撤廃・自由な社会の形成
 この3つの根底にある究極の目標は『個人の自立』である。国家として自立するためには、真に自由な民主主義社会の形成が必要である。
≪本より抜粋≫

 またこの本の中で、与党と野党の入れ替わりがない、政治として当然のことがなされていないとも言っている。この本を書いて間もなく自民党を離れたわけだが・・・。
 
 上記の1~3は小沢氏の当時のビジョンであり、これからの政治の指針として欲しいとあった。現在、1~3それぞれ、なんとなくなされてきている。しかしながら、度重なる政治不信と共に『個人の自立』を促すどころか、政治離れが起こり、意味合いは小沢氏のそれとはまるで異なる。当時、小沢氏が政治の中枢に立っていたならば少しは変わってきていたかもしれない。
 
 民主党は極めて厳しい状況にある。『一流の経済力を手に入れた日本だが、政治力は三流である。』この言葉をもって当時危機感を感じた小沢氏は、あれから10数年たった今、再び大きな危機感を感じている。
 先を見据えるのが得意であり、また石橋を叩いて渡る慎重派の小沢氏が、ついに党首選に立候補した。勝算があるゆえの立候補なのか、いや今回ばかりは違うだろう。政治生命をかけるつもりなのか。

スポンサーサイト
この記事のURL | ニュース・社会 | CM(30) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。