スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
『小川対吉田』そして今年最後は親バカで!
2005/12/31(Sat)
 吉田の勝利!
 試合時間が6分ちょっと、ずっと楽しみにしてきた割に短い試合時間だったのが少し気になった。でも、プロレスではないから仕方がないのかもしれない。

 小川が約束どおりというか、期待どおりに前奏曲付の爆勝宣言で入場、これだけで十分鳥肌が立つ!吉田は、柔道出身者相手では致命的な不利益を生むだろう柔道着、初めてそれなしで試合に臨む。ゴング直後、吉田有利に見えた。対照的に実戦不足の否めない小川、序盤に足首を傷める。小川に見せ場があったものの、最後は吉田がうまく腕を取り、逆十字固めで試合に勝利!

 試合後、小川はエンターティナーぶりをマイクで発揮!私が期待していたのは、そこのところ。やはり小川はうまい。三宅アナと高田が、吉田寄りに懸命に話すが、勝った吉田が、まるでヒール的な存在に見えてしまう。小川がハッスルポーズをとりながら退場する間、吉田もマイクを手にするが、役者が違った!
 小川らしさが100%でたということで、私は満足した(笑)。

 その頃、裏番組では、曙がボビーに負けてしまったらしい、素人のボビーに。1.4ドーム電撃参戦の決まった曙、新日はどんな待遇で迎えるのか?曙の試合、毒にも薬にもならないようなカードが組まれたらしいが、新日が彼をどう扱うのだろうか、結果的に心配要素が増えただけだ(苦笑)!

3歳の息子と今日は、プライドとK-1を交互に観戦した。
彼は最後にいいことを言った(笑)!
『パパのプロレスが一番面白いよ!』・・・いい息子だぁ(親バカ)!!
ということでプロレス最強伝説(?)が保たれた一日となった!
かみさんの怖い視線を横目に私は、
また来年、学生プロレス参戦をひそかに誓いました(笑)!
スポンサーサイト
この記事のURL | プロレス | CM(6) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。